■ TRAVEL

うどん県ふたたび day2①

Good morning, gorgeous!

うどん県2日目の朝です。
洋食と和食から選べる朝ごはんがついていて和食でお願いしたのだけど
この日は七草粥の日だったのにすっかり忘れてました!

お粥にしますか?って聴いてくださったのに
何も考えず白米を...💦

b0205159_15102814.jpg

サラダとヨーグルト、飲み物はセルフで好きなだけ食べられます。



前日の飲み過ぎでちょっとしか食べられませんでした。
それでも後悔はしないわ!
美味しかったもん、地酒も骨つき鶏も!


チェックインからチェックアウトまでナイスステイだったホテルを後にして

ローカルでかわいい琴電に乗って高松港へ

b0205159_15102986.jpg

切符を買ったら駅員さんが鋏を入れてくれました!
懐かしすぎるですけどー!!😆

b0205159_15103045.jpg

高松港からフェリーに乗って直島を目指します。
小豆島行きの窓口が隣で「八日目の蝉」を思い出しました。
ラストシーンはここだったのかな?
岡山側だったっけ?

b0205159_15103155.jpg

車も一緒に乗れる大きなフェリー🚢
普段乗らないのでわくわくしますね。

b0205159_15103255.jpg

中はレトロで広くて懐かしい気持ちになります。
瀬戸内海で暮らす人々の大事な交通手段です。

島で暮らす毎日はどんな生活をしているのかな?
東京の暮らしと違って時間の流れが穏やかかな?
そんなことを思いつつ

b0205159_15103307.jpg

窓からの瀬戸内海が美しくて
ウトウトとしているうちに直島へ到着です。

実は私の先祖は瀬戸内海の出身なので
この無数の島が浮かぶ海を見ているとなんとなく帰ってきた感じがします。

b0205159_15103435.jpg

このフェリーに乗ってきました!

直島はアートの島として知られる瀬戸内海に浮かぶ小さな島。
建築家の安藤忠雄が手がけたすばらしい建築物が見どころとして点在しており
ベネッセが手がけるアートプロジェクトで島全体がアートと共存しています。
そのプロジェクトに関心のある多くの外国からのお客様が東からも西からも大勢いらっしゃっていました。

b0205159_15103561.jpg

船を降りるとすぐにカボチャが!
言わずもがな草間彌生氏による作品です。😊

これを見に来る人も多いので早速皆さんカメラをパシャパシャ📷
お子さんたちも中には行ったり穴から顔を出したり大はしゃぎ!

レンタサイクルで電動アシスト自転車をレンタルし
直島をめぐります!

電動アシスト自転車、初体験でしたがすごいのねー?
坂もらくらく♪
前から欲しいものの一つでしたがますます欲しくなりました!

素晴らしい瀬戸内海の風景を目の前に風を切りながらのサイクリングは最高!

もっと暖かい季節だったらもっと良かったかもしれません。

漕ぐのに夢中で写真は全然撮れませんでしたがこういうのは画像保存ではなくしっかりと目にやきつけておくのが大事。

b0205159_15103611.jpg

まずは地中美術館へ
入場料がひとり2080円とかなり強気で飛ばしちゃおうかと思いましたがせっかく来たので歯を食いしばり...

施設自体がとても洗練されていて瀬戸内海の小さな島の中とは思えないほどバス停や案内所がしっかりしています。

b0205159_15103733.jpg

もうね、2000円払ってでも行くべき!!
それ以上の価値がある素晴らしい美術館でした!

アートを鑑賞するとういうより体験すると言ったほうがしっくりくる空間で
迷子になりそうな構造も、安藤忠雄設計による光を大事にした建築も、アートもすべてが融合して不思議な空間を生み出してました。
靴を脱いで鑑賞するモネの睡蓮や8人しか入れない部屋などアートを楽しむためにひと工夫されているのです。
東京の美術館だと人混みがすごくてゆっくり楽しめないじゃない?
人は沢山いたけれどそれでも十分にゆっくりできる配置でした。
写真撮っちゃダメなんだけど、撮りたい気持ちの葛藤が辛かったわー💦

感動冷めやらぬ間に次に向かったのは李禹煥美術館。
安藤忠雄と造詣の深い韓国人のアーティストの方です。

b0205159_15122415.jpg


b0205159_15122570.jpg

ここも空間が入り口から不思議で思わず写真を取ってみました。

b0205159_15122694.jpg

この方は岩と鉄板をモチーフにした作品がお得意のようで作品もそんなのばっかり。
あとは一筆書きのような筆先を表現するようなこれまたシンプルながら不思議な作品ばかり。

b0205159_15122750.jpg


b0205159_15122888.jpg

このようにお庭にも展示品があるので見て回るのが楽しかったです。
ただこちらも入場料か高い!

どちらも大変興味深い美術館で
多分専門家と思われる芸術家とおぼしき方々はひとつずつ丁寧にじっくりと作品を鑑賞しておりました。

私も非日常な世界に刺激をもらいました♪
こんなに面白いとは思わず正直びっくりでした。

直島に一泊するのもいいかな?と考えていたので調べてみるとパオというモンゴルのテントに泊まれる施設があったり面白そう!


トイレとかお風呂とか
周りに何もなさ過ぎて夜どうするの?とか
多々不安点はあるものの機会があればチャレンジしてみたいかも?

直島、面白いです!!




第2回プラチナブロガーコンテスト



by koolkooly2 | 2018-01-12 09:00 | ■ TRAVEL | Comments(0)

Eat Well, Travel Often


by koolkooly2